チャットボット作成(Ⅰ.FAQ編)

それでは、早速FAQチャットボットをつくっていきましょう。

※ 事前登録がお済みでない方は こちら から登録を行ってください。
※ ログインがお済みでない方は こちら からログインを行ってください。

STEP1:チャットボットをつくる

はじめに、DialogPlay上につくるチャットボットに名前をつけます。

  手順

  1. 画面左側にあるメニューより『チャットボット』を選択し、メニューの中にある『チャットボット一覧』を選択してください。

  2. チャットボット一覧の左下に表示される ”新規作成” ボタンをクリックしてください。

  3. チャットボットの名前入力欄が表示されますので、チャットボット名を入力してください。
    入力例:レストランFAQボット

  4. 入力が完了したら “保存” ボタンをクリックしてください。

  5. 3.で入力したチャットボット名でチャットボットが作られ、チャットボットの詳細情報画面が表示されます。

これで、STEP1は完了です。


STEP2:シナリオをつくる

それでは、実際にシナリオをつくっていきましょう。
今回は、お客様からの2種類の質問(定休日と記念日サービスについて)に回答できるようにするためにFAQのシナリオを2つ用意します。

チャットボットは、お客様からの質問を受け取ったあと、どのシナリオに対する質問であるかを理解し、
該当するシナリオで定義した回答を返します。

まずは、1つ目のシナリオ(定休日について)をつくりましょう。

その1 - シナリオ名入力 -

まずは、シナリオの名前を入力します。

  手順

  1. シナリオ一覧の左下に表示される ”新規作成” ボタンをクリックしてください。

  2. FAQチャットボット画面からシナリオ作成画面に移り、『シナリオ名』入力欄が表示されますので、シナリオ名を入力してください。
    入力例:定休日について

その2 - お客様(ユーザー)発言例入力 -

つぎに、お客様がチャットボットに話しかける発言例をいくつか設定しておきます。

チャットボットは、この発言例を学習することでお客様からの発言に対して正しく反応(シナリオを選択)することができるようになります。

  手順

  1. 画面中央の『 ユーザーの発言例 』入力欄に発言例を入力してください。5件ほど入力しておきましょう。
    (一行目に入力すると、自動的に新しく一行追加されます)
    入力例1:定休日はいつですか?
    入力例2:定休日はあるの?
    入力例3:営業していない日はありますか?
    入力例4:年中無休でやってる?
    入力例5:定休日を教えて


その3 - シナリオ入力と学習 -

いよいよメインのシナリオ入力です。
今回は、テーマがFAQなのでチャットボットには、お客様の質問に対する回答をしてもらいましょう。


  手順1

  1. 『シナリオの流れ』エリアの中にあるリストから 〔テキスト発言〕 を選択し、 “アクションを追加” ボタンをクリックしてください。

  2. 『発言内容』入力欄が表示されますので、チャットボットに発言させたい任意のメッセージを入力してください。
    入力例:当店では毎週水曜日を定休日とさせていただいております。

  3. 入力が完了したら “保存” ボタンをクリックしてください。

  4. 保存が完了したら「学習データが更新されています。反映するには学習ボタンを押してください。」メッセージと一緒に “保存してチャットボットを学習” ボタンが表示されますのでクリックしてください。
    シナリオをチャットボットに学習させることができます。
    学習とは、チャットボットにシナリオに対するユーザーの発言内容(質問など)を理解させることです。
    学習することでユーザーの質問を理解し、正しいシナリオを選択して、ユーザーとの会話を進めることができるようになります。

以上で1つ目のシナリオ作成は終了です。つぎに2つ目のシナリオ(記念日サービスについて)をつくりましょう。

  手順2 ※ 以下の2~7の手順は手順1のシナリオ作成手順と同じです

  1. 画面上部にナビゲーションバーが表示されていますので一つ前をクリックし、現在いるシナリオ作成画面から一つ上のチャットボット画面へ戻ってください。

  2. シナリオ一覧の左下に表示される ”新規作成” ボタンをクリックしてください。

  3. FAQチャットボット画面からシナリオ作成画面に移り、シナリオ名入力欄が表示されますので、シナリオ名を入力してください。
    入力例:記念日サービスについて

  4. 画面中央の『 ユーザーの発言例 』入力欄に発言例を入力してください。5件ほど入力しておきましょう。
    (一行目に入力すると、自動的に新しく一行追加されます)
    入力例1:記念日のサービスについて教えて
    入力例2:誕生日のサービスはあるの?
    入力例3:結婚記念日に利用したいんだけど
    入力例4:記念日だったらどんな特典があるの?
    入力例5:誕生日の友達にサプライズを用意したい

  5. 『シナリオの流れ』エリアの中にあるリストから 〔テキスト発言〕 を選択し、 “アクションを追加” ボタンをクリックしてください。

  6. 『発言内容』入力欄が表示されますので、チャットボットに発話させたい任意のメッセージを入力してください。
    入力例:
    ご予約時にお誕生日である旨をお申し付けいただきますと、次のサービスをご用意させていただきます。
    記念撮影
    デザートをご注文の場合、メッセージ付きデザートプレートに変更
  7. 入力が完了したら “保存” ボタンをクリックしてください。

  8. 保存が完了したら「学習データが更新されています。反映するには学習ボタンを押してください。」メッセージと一緒に “保存してチャットボットを学習” ボタンが表示されますのでクリックしてください。
    シナリオをチャットボットに学習させることができます。

「定休日について」と「記念日サービスについて」の2つのシナリオ入力と学習が完了しました。
これで、STEP2は完了です。


STEP3:チャットボットとしゃべる

最後のSTEPです。つくったチャットボットと実際に会話をしてみましょう。
今回は、チャットボットを公開せずにシミュレーション機能を利用します。

  手順

  1. 画面右端にある 〔シミュレーター〕 をクリックし、シミュレーター画面を表示させてください。

  2. シミュレーター画面内の”チャット“タブを選択してください。

  3. シミュレーター画面下部の入力欄にメッセージを入力し、”送信“ボタンをクリックしてください。
    先ほど登録したFAQの結果が返ってくることを確認してください。
    入力例1:定休日はいつですか?
    入力例2:記念日に利用するといいことある?

以上で、「チャットボット作成(Ⅰ.FAQ編)」は終了です。
シナリオの数が多い場合は、 〔インポート〕 機能をご利用頂くことで一括でシナリオ作成ができます。
詳しくは、「シナリオをファイル指定でインポートしたい」をご覧ください。

Last updated on 2018/11/07.