チャットボット作成(Ⅱ.血圧測定編)

「Ⅱ.血圧測定編」は、シナリオにアクション機能を追加しながら、各アクションや変数の使い方を理解することを目的としています。

STEP1:チャットボットをつくる

「Ⅰ.問診受付編」で作成した病院ボットを使用するため、今回はチャットボットの作成は不要です。
「Ⅰ.問診受付編」のチャットボット作成については、 STEP1:チャットボットをつくる をご覧ください。

STEP2:シナリオをつくる

Ⅰ.問診受付編で作成した病院ボットに、血圧測定用のシナリオを追加しましょう。
シナリオ作成については、以下の手順ごとに説明をしています。

手順1 シナリオ名入力
はじめに、シナリオ新規作成画面を開き、シナリオ名を設定します。

  手順(シナリオ名入力)

  1. 左メニューの『チャットボット一覧』を選択し、”病院ボット“をクリックしてください。

  2. 『シナリオ一覧』タブから”新規作成“ボタンをクリックしてください。

  3. 『シナリオ名』に「血圧測定」と入力してください。
手順2 ユーザー発言例入力
次に、ユーザー発言から血圧測定シナリオを呼び出すための発言例を設定します。
チャットボットは、この発言例を学習することでユーザーからの発言に対し、正しく反応(シナリオを選択)することができるようになります。

  手順(ユーザー発言例入力)

  1. 『ユーザー発言』の『発言例』タブにある入力欄に、血圧測定に関して想定される発言例を4件以上入力してください。
    入力欄は1行入力するごとに自動的に行が追加されます。

    [入力例]
    血圧を測定したい
    血圧測定の結果を知りたい
    血圧チェックをしたい
    高血圧か判断したい

手順3 シナリオの流れ作成
次に、メインのシナリオ作成です。
シナリオ構成は、今回のテーマである血圧測定に沿った以下の内容としています。

[シナリオ構成]
① ボット :血圧測定に関する情報入力をお願いする
② ユーザー:最低血圧・最高血圧を入力する
③ ユーザー:性別を入力する
④ ボット :判定結果をお知らせする

それでは、各構成①~④の設定を順に行っていきましょう。
ユーザーに最低血圧・最高血圧の入力をお願いするために、『テキスト発言』アクションを追加しましょう。

  手順(シナリオの流れ作成 - ①ボット:血圧測定に関する情報入力をお願いする)

  1. 『シナリオの流れ』エリア内のリストから「テキスト発言」を選択し、”アクションを追加“ボタンをクリックしてください。

  2. 『発言内容』に以下の例を参考に、チャットボットに発言させたいメッセージを入力してください。

    [入力例]
    血圧測定を行います。
    測定前にいくつか質問させていただきます!
    
  3. チャットボットは『テキスト発言』アクションで設定された内容を発言します。
    ※保存・学習後にシミュレーター画面での確認が可能となります。

    [参考:チャットでの見え方]
ユーザーに最低血圧・最高血圧を入力してもらうために、『ヒアリング』アクションを追加しましょう。

  手順(シナリオの流れ作成 - ②ユーザー:最低血圧・最高血圧を入力する)

  1. 「手順(シナリオの流れ作成①)」で設定した『テキスト発言』アクションの下にあるリストから「ヒアリング」を選択し、”アクションを追加“ボタンをクリックしてください。

  2. 以下の例を参考に、ヒアリング各項目を入力してください。
    ヒアリングしたい内容(数値、日付、時間など)により、設定するタイプが変わります。各タイプの詳細については、 こちら をご覧ください。
    今回は、血圧=数値を入力してもらうため、タイプに「英数記号@number」を選択しています。

    [入力例]
    No ヒアリング項目名 タイプ   ユーザーへの質問文
    最低血圧 英数記号 @number 今日の最低血圧はどれぐらいでしたか?
    最高血圧 英数記号 @number 今日の最高血圧はどれぐらいでしたか?
  3. 『ヒアリング結果のユーザー確認タイミング』から「全項目をまとめて確認」を選択してください。
    ヒアリング後の確認タイミングを変更できます。設定できるタイミングの詳細については、こちら をご覧ください。

  4. 設定した「最低血圧」「最高血圧」が、画面右の『変数一覧』に変数として追加されたことに注目してください。
    変数については、後述「④ボット:判定結果をお知らせする」で説明します。

  5. チャットボットは『ヒアリング』アクションで設定された内容を、それぞれ質問します。
    ※保存・学習後にシミュレーター画面での確認が可能となります。

    [参考:チャットでの見え方]
ユーザーの性別を確認するために、『選択肢確認』アクションを追加しましょう。

  手順(シナリオの流れ作成 - ③ユーザー:性別を入力する)

  1. 「手順(シナリオの流れ作成②)」で設定した『ヒアリング』アクションの下にあるリストから「選択肢確認」を選択し、”アクションを追加“ボタンをクリックしてください。

  2. 『タイトル』に「性別」と入力してください。

  3. 『質問内容』に「性別を選択してください。」と入力してください。

  4. 以下の例を参考に、選択肢各項目を入力してください。
    『値』については、今回は空白のままで問題ありません。
    ユーザーに見えない内部での値を使用したい場合、『値』を設定します。詳細については、 こちら をご覧ください。

    [入力例]
    表示名
    男性 (空白)
    女性 (空白)
  5. ヒアリング項目設定時と同様に、設定した「性別」が、画面右の『変数一覧』に変数として追加されています。

  6. チャットボットは『選択肢確認』アクションで設定された内容を質問し、選択肢を提示します。
    ※保存・学習後にシミュレーター画面での確認が可能となります。

    [参考:チャットでの見え方]
ユーザーが入力した情報を元に、判定結果をお知らせするために、『テキスト発言』アクションを追加しましょう。

  手順(シナリオの流れ作成 - ④ボット:判定結果をお知らせする)

  1. 「手順(シナリオの流れ作成③)」で設定した『選択肢確認』アクションの下にあるリストから「テキスト発言」を選択し、”アクションを追加“ボタンをクリックしてください。

  2. 『発言内容』に以下の例を参考に、チャットボットに発言させたいメッセージを入力してください。

    [入力例]
    性別:{{性別}}
    最低血圧:{{最低血圧}}
    最高血圧:{{最高血圧}}
    
    血圧測定結果
    ---------------------
    血圧は正常域です。
    現在の生活習慣を維持してください。
    
    画面右の『変数一覧』にある変数を{{}}で囲って記述することで、ユーザーとのやり取りの中で取得した値を引用することができます。
    引用の詳細については、 こちら をご覧ください。

  3. チャットボットは『テキスト発言』アクションで設定された、引用を含む内容を発言します。
    ※保存・学習後にシミュレーター画面での確認が可能となります。

    [参考:チャットでの見え方]

  4. 今回チュートリアルで説明した設定以外に、実行条件を利用することで、入力された値により発言するメッセージを変えることもできます。
    例:最高血圧が139未満、最低血圧が89未満の場合は、正常域であることを知らせるメッセージ
    例:最高血圧が140以上、最低血圧が90以上の場合は、高血圧域であることを知らせるメッセージ
    実行条件の詳細については、 こちら をご覧ください。
手順4 チャットボットの学習
シナリオ作成まで終わりましたら、設定内容を保存し、学習します。
学習を行うことで、チャットボットに設定内容を反映することができます。

  手順(チャットボットの学習)

  1. 保存“ボタンをクリックしてください。

  2. 「保存が完了しました。」というメッセージが表示され、設定内容が保存されます。

  3. 「学習データが更新されています。反映するには学習ボタンを押してください。」というメッセージが表示されますので、”保存してチャットボットを学習“ボタンをクリックしてください。

  4. 「現在学習処理中です。しばらくお待ちください。」というメッセージが表示されますので、そのまましばらくお待ちください。

  5. 学習処理が完了すると、「学習処理が完了しました。」というメッセージが表示されます。

STEP3:チャットボットとしゃべる

作成したチャットボットと実際に対話を行い、動作を確認しましょう。
Ⅰ.問診受付編同様、アプリケーションへの公開は行わず、シミュレーター機能で対話を行います。

「STEP4:チャットボットを公開する」に関する手順については、 こちら をご覧ください。

  手順

  1. 画面右端にある”シミュレーター“をクリックし、シミュレーター画面を表示してください。

  2. チャット“タブをクリックし、チャットウィンドウを表示してください。

  3. 入力欄に『ユーザー発言例』の内容を入力し、”送信“ボタンをクリックしてください。

  4. 血圧測定シナリオが呼び出され、血圧測定に必要となる質問のやりとりが行われます。
    設定した各アクションが、想定通りに動作しているかを確認してください。
Last updated on 2019/03/12.