外部システムから取得した結果を選択肢で表示したい

外部連携先から受け取った配列データを元に、取得結果をチャットウィンドウ内に選択肢として表示することができます。
※ 検索結果は最大15件まで表示可能です。件数が多い場合は自動的にページングされます。
外部システムとの連携については、 こちら をご覧ください。

  手順

  1. 『シナリオの流れ』エリアの中にあるリストから「外部連携結果を選択肢表示」を選択し、”アクションを追加“ボタンをクリックしてください。

  2. 『タイトル』に、任意の外部連携結果選択肢のタイトルを入力してください。
    設定したタイトルは、選択結果を格納する変数として利用できます。詳細については、 こちら をご覧ください。

  3. 『質問内容』に、ユーザーへの質問を入力してください。

  4. 『リスト変数名』に、外部システム連携先の『Response Map』で指定した、配列データが格納された変数名を入力して下さい。
    例として、外部システム連携「自身のイベントを取得(複数)」内の変数名を入力しています。

    [選択した外部システム連携先]

  5. 『項目毎の表示内容』に、選択肢の各項目要素として表示する内容を入力して下さい。
    『リスト変数名』で入力した配列データ内の要素を、{{要素名.子要素名}}の形式で指定できます。
    例として、Office 365連携のイベント取得API実行結果である「value」の配列データキー「subject」を{{subject}}、「start」キーの子要素「dateTime」を{{start.dateTime}}として入力しています。

    [入力例]
    {{start.dateTime}}:{{subject}}

    [「value」配列データ]

  6. 『項目毎の値』に、ユーザーが選択肢を選択した際に取得する値を入力してください。
    ※ 『項目毎の表示内容』で設定した内容と異なる情報(表示名と紐づくIDやコードなど)を、外部システム連携時のリクエストパラメーターとして渡したい場合などに設定してください。

    [入力例]
    {{id}}

  7. 『シナリオの流れ』エリアの中にあるリストから「外部システム連携」アクションを追加し、『連携先』に実行する外部システム連携のイベントを選択してください。

  8. 保存後、『シミュレーター機能』で動作を確認してください。
Last updated on 2019/07/01.