Microsoft Teamsに公開

Microsoft Teams上で、DialogPlayで作成したチャットボットを動かすことが可能になります。
※本作業を行う場合は、〔 Office 365 〕のアカウントが必要となります。

なお、この機能はベータ機能を有効化することでお試しいただけます。
ベータ機能は、将来的に互換性のない変更や機能の廃止が行われる可能性があります。予めご了承ください。
ベータ機能を有効にする方法は、 こちら をご覧ください。

  手順(公開準備)

  1. 左メニューの『アプリケーション』を選択し、”新規作成“ボタンをクリックしてください。

  2. 『チャットボット公開先』に「Microsoft Teams」を選択し、『アプリケーション名』を入力します。次に『公開するチャットボット』に対象となるチャットボットを選択します。

  3. 公開“ボタンをクリックしてください。

  4. 確認メッセージが表示されますので、”OK“ボタンをクリックしてください。
  5. 「アプリケーション公開準備作業を行っております。・・」というメッセージが表示され、ログインメールアドレス宛にDialogPlayサポートより「アプリケーション公開準備完了通知」をお送りいたします。
    2営業日経ってもメールが届かない場合は、サポート窓口までお問い合せください。

  6. 「アプリケーション公開準備完了通知」が届きましたら、メールに記載されている『アプリケーションID』と『パスワード』をそれぞれ入力し、”公開“ボタンをクリックしてください。
    公開が完了すると、「アプリケーションの公開が完了しました」と表示されます。

  Teamsへのチャットボット追加(アプリケーションIDを使用する場合)

  1. Office 365 Admin center 〕へサインインしてください。
    ※Office 365 Admin centerへは、テナント管理者でサインインしてください。

  2. 左メニューの『設定』を選択し、”サービスとアドイン“をクリックしてください。

  3. サービスとアドイン画面が開きますので、『Microsoft Teams』を選択してください。

  4. Microsoft Teams画面の『テナント全体の設定』から、”アプリ“をクリックしてください。

  5. 『外部アプリ』内の『外部アプリのサイドローディングを利用できるようになります』をオンにし、”保存“ボタンをクリックしてください。

  6. Microsoft Teams 〕へサインイン後、新しいチャット画面を開き、『メンバー』に「アプリケーション ID」を入力し、チャットボットを追加してください。

  7. 作成したチャットボットと実際に会話をし、動作を確認してください。

  Teamsへのチャットボット追加(サイドローディングを利用する場合)

  1. Microsoft Teamsにアプリケーション登録をします。

    1-1. 〔 Microsoft Teams 〕へサインインしてください。
    1-2. 左メニューの『その他のアプリ』を選択し、”App Studio“をクリックしてください。
    『App Studio』アプリケーションをインストールしている必要があります。『App Studio』はTeamsストアからインストールしてください。

    1-3. App Studio画面が開きますので、『Manifest editor』を選択し、”Create a new app“をクリックしてください。
    1-4. 左メニューの『①Details』内の『App details』を選択します。『App details』の項目が表示されますので、各項目を設定してください。
    ※Manifestファイル作成時の設定項目については、 こちら をご覧ください。

    名称 説明
    Developer name 開発者の表示名
    Developer website 開発者のウェブサイトへのURL
    Short name アプリの表示名
    Long name アプリの正式名称の表示名が30文字を超える場合(任意)
    名称 説明
    App ID Azure Portalで発行されたチャットボットのアプリケーションID
    Package Name このアプリの一意の識別子
    Version セーバー標準(MAJOR.MINOR.PATH)フォーマット: 1.0.0
    Short description スペースが限られている場合に使用される、アプリの簡単な説明
    Long description 情報タブでの説明文やアイコンにフォーカスを当てた場合に表示される
    名称 説明
    Privacy statement プライバシーポリシーのURL
    Terms of use 利用規約のURL
    Full color アイコン(任意)
    Transparent outline アウトライン(任意)
    Accent color アイコンの裏で表示される色(任意)
    1-5. 左メニューの『②Capabilities』内の『Bots』を選択し、”Set up“ボタンをクリックしてください。
    1-6. 『Name』にチャットボットの名前を入力し、『Microsoft App ID』に「アプリケーション公開準備完了通知」メールに記載されている「アプリケーションID」を入力してください。

    1-7. 『Scope』を設定し、”Save“ボタンをクリックしてください。
    ・『Personal』にチェックした場合:サイドローディング時に「アプリを自動で追加します」を表示できます。
    ・『Team』にチェックした場合:サイドローディング時に「チームの追加します」項目を表示できます。

    1-8. 左メニューの『③Finish』内の『Test and distribute』を選択し、”Export“ボタンをクリックしてください。
  2. アカウント全体にアプリを配布する場合
    『App Studio』で作成したManifestファイルのアップロードを行い、Teamsにアプリを追加します。

    2-1. Office 365 Admin centerの設定

    2-1-1. 〔 Office 365 Admin center 〕へサインインしてください。
    2-1-2. 左メニューの『設定』を選択し、”サービスとアドイン“をクリックしてください。
    2-1-3. サービスとアドイン画面が開きますので、『Microsoft Teams』を選択してください。
    2-1-4. Microsoft Teams画面の『テナント全体の設定』から、”アプリ“をクリックしてください。
    2-1-5. 『外部アプリ』内の『Microsoft Teamsで外部アプリを利用できるようになります』と『既定で新しい外部アプリが有効になります』をオンにし、”保存“ボタンをクリック後、Microsoft Teams画面を閉じてください。
    2-2. Microsoft Teamsの設定

    2-2-1. 〔 Microsoft Teams 〕へサインインし、”ストア“をクリックしてください。
    2-2-2. 『ストア』メニューの”カスタムアプリをアップロード“をクリックし、チャットボットを追加したいOffice 365のアカウント名を選択してください。
    2-2-3. 「開く」ダイアログが表示されますので、『App Studio』で作成したzipファイルを指定し、”開く“をクリックしてください。
    2-2-4. アップロードが完了すると、『ストア』メニューに組織名が表示され、アップロードしたチャットボットが追加されます。
    追加されたチャットボットを選択してください。

    2-2-5. インストール画面が表示されますので、それぞれの項目を設定し、”インストール“をクリックしてください。
    ・「アプリを自動で追加します」:「はい」を選択すると、作成したチャットボットとサイドバーの「チャット」で1対1で会話を行うことができます。
    ・「チームに追加します」:「はい」を選択すると、Teamsの「チーム」にチャットボットを追加することができます。(App Studioで設定したBotsの「Scope」が未設定の場合はインストールを行うことができません。)

    2-2-6. 「DialogPlay-Testが使用できるようになりました」というメッセージが表示され、チャットボットが追加されます。
  3. 一部のユーザーへのみ、アプリを配布する場合
    『App Studio』で作成したManifestファイルのアップロードを行い、Teamsにアプリを追加します。

    3-1. Office 365 Admin centerの設定

    3-1-1. 〔 Office 365 Admin center 〕へサインインしてください。
    3-1-2. 左メニューの『設定』を選択し、”サービスとアドイン“をクリックしてください。
    3-1-3. サービスとアドイン画面が開きますので、『Microsoft Teams』を選択してください。
    3-1-4. Microsoft Teams画面の『テナント全体の設定』から”アプリ“をクリックしてください。
    3-1-5. 『外部アプリ』内の『Microsoft Teamsで外部アプリが利用できるようになります』と『外部アプリのサイドローディングを利用できるようになります』をオンにし、”保存“ボタンをクリックしてください。
    3-2. Microsoft Teamsの設定

    3-2-1. 〔 Microsoft Teams 〕へサインインし、”ストア“をクリックしてください。
    3-2-2. 『ストア』メニューの”カスタムアプリをアップロード“をクリックし、チャットボットを追加したいチーム名を選択してください。
    ※この時、「[アカウント名]のアップロード」を選んでしまうと、アカウント全体に公開処理が行われてしまいますのでご注意ください。

    3-2-3. 「開く」ダイアログが表示されますので、『App Studio』で作成したzipファイルを指定し、”開く“をクリックしてください。
    3-2-4. アップロードが完了するとインストール画面が表示されますので、それぞれの項目を設定し、”インストール“をクリックしてください。
    ・「アプリを自動で追加します」:「はい」を選択すると、作成したチャットボットとサイドバーの「チャット」で1対1で会話を行うことができます。
    ・「チームに追加します」:「はい」を選択すると、Teamsの「チーム」にチャットボットを追加することができます。(App Studioで設定したBotsの「Scope」が未設定の場合はインストールを行うことができません。)

    3-2-5. 「DialogPlay-Testが使用できるようになりました」というメッセージが表示され、チャットボットが追加されます。
Last updated on 2019/01/30.