Microsoft Teamsに公開

Microsoft Teams上で、DialogPlayで作成したチャットボットを利用することができます。
※本作業を行う場合は、予め〔 Office 365 〕のアカウントが必要になります。

  手順(公開準備)

  1. 左メニューの『アプリケーション』を選択し、”新規作成“ボタンをクリックしてください。

  2. 『チャットボット公開先』に「Microsoft Teams」を選択し、『アプリケーション名』を入力してください。
    次に『公開するチャットボット』に対象となるチャットボットを選択してください。

  3. 公開“ボタンをクリックしてください。

  4. 「現在アプリケーションの公開処理中です。しばらくお待ちください。」というメッセージが表示されますので、そのままお待ちください。

  5. 「アプリケーションの公開が完了しました」というメッセージが表示され、『アプリケーションID』が生成されます。
    必要に応じて、”コピー“ボタンをクリックして、アプリケーションIDをコピーしてください。

  Teamsへのチャットボット追加(アプリケーションIDを使用する場合)

  1. Microsoft 365 管理センター 〕へサインインしてください。
    ※Microsoft 365 管理センターへは、テナント管理者でサインインしてください。

  2. 左メニューの『設定』を選択し、”サービスとアドイン“をクリックしてください。

  3. サービスとアドイン画面が開きますので、”Microsoft Teams“をクリックしてください。

  4. Microsoft Teams画面の『テナント全体の設定』から、”アプリ“をクリックしてください。

  5. 『外部アプリ』内の『外部アプリのサイドローディングを利用できるようになります』をオンにし、”保存“ボタンをクリックしてください。

  6. Microsoft Teams 〕へサインイン後、新しいチャット画面を開き、『メンバー』に「手順(公開準備)」で取得した「アプリケーションID」を入力し、チャットボットを追加してください。

  7. 作成したチャットボットと実際に会話を行い、動作を確認してください。

  Teamsへのチャットボット追加(サイドローディングを利用する場合)

  1. Microsoft Teamsにアプリケーション登録をします。

    1-1. 〔 Microsoft Teams 〕へサインインしてください。
    1-2. 左メニューの『その他のアプリ』を選択し、”App Studio“をクリックしてください。

    1-2-1. 予め『App Studio』アプリケーションがインストールされている必要があります。
    未インストールの場合、左メニューの『ストア』を選択後、検索ボックスに「App Studio」と入力し、検索してください。
    表示された『App Studio 開発者ツール』をクリックしてください。

    1-2-2. 『アプリを自動で追加します』が「はい」になっていることを確認し、”インストール“ボタンをクリックしてください。
    1-2-3. インストール後、「App Studioが使用できるようになりました」というメッセージが表示されます。
    דボタンをクリックし、メッセージを閉じてください。

    1-3. App Studio画面が開きますので、『Manifest editor』を選択し、”Create a new app“をクリックしてください。
    1-4. Manifestファイルを作成するため、左メニューの『①Details』内の『App details』を選択し、『App details』の各項目を入力してください。
    ※Manifestファイル作成時の設定項目詳細については、 こちら をご覧ください。
    No. 項目名 説明
    1 Short name アプリの表示名(30文字以内)
    2 Long name(任意項目)
    アプリの正式名称(100文字以内)
    表示名が30文字を超える場合に使用される
    3 App ID
    一意のアプリケーションID
    Generate“ボタンをクリックすることでも生成可能
    4 Package Name 一意のパッケージ名
    5 Version
    アプリのバージョン
    メジャー.マイナー.パッチで表記
    No. 項目名 説明
    6 Short description スペースが限られている場合に使用される、アプリの簡単な説明
    7 Long description
    アプリの詳細説明
    情報タブでの説明文やアイコンにフォーカスを当てた場合に表示される
    8 Name 開発者名
    9 Website 開発者ウェブサイトへのURL
    No. 項目名 説明
    10 Privacy statement プライバシーポリシーへのURL
    11 Terms of use 利用規約へのURL
    12 Full color 192px × 192pxのボットアイコン
    13 Transparent outline 透過32px × 32pxのアウトラインアイコン
    14 Accent color(任意項目) Transparent outlineで指定されたアイコンの背景に使用される色

    1-5. 左メニューの『②Capabilities』内の『Bots』を選択し、”Set up“ボタンをクリックしてください。
    1-6. 「New bot」タブの『Name』にチャットボットの名前を入力し、『Scope』を設定してください。
    ・『Personal』チェックが有効:サイドローディング時に「アプリを自動で追加します」項目が表示されます。
    ・『Team』チェックが有効:サイドローディング時に「チームの追加します」項目が表示されます。

    1.7. 「Existing bot」タブの『Connect To a different bot id』にチェックを入れ、『Bot id』に「手順(公開準備)」で取得したアプリケーションIDを入力してください。
    『Name』、『Scope』に「New bot」タブで入力した内容が反映されていることを確認し、”Save“ボタンをクリックしてください。

    1-8. 左メニューの『③Finish』内の『Test and distribute』を選択し、”Download“ボタンをクリックしてください。
    作成したManifestファイルがZip形式でダウンロードされます。

  2. アカウント全体にアプリを配布する場合
    『App Studio』で作成したManifestファイルのアップロードを行い、Teamsにアプリを追加します。

    2-1. Microsoft 365 管理センターの設定

    2-1-1. 〔 Microsoft 365 管理センター 〕へサインインしてください。
    2-1-2. 左メニューの『設定』を選択し、”サービスとアドイン“をクリックしてください。
    2-1-3. サービスとアドイン画面が開きますので、”Microsoft Teams“をクリックしてください。
    2-1-4. Microsoft Teams画面の『テナント全体の設定』から、”アプリ“をクリックしてください。
    2-1-5. 『外部アプリ』内の『Microsoft Teamsで外部アプリを利用できるようになります』と『既定で新しい外部アプリが有効になります』をオンにし、”保存“ボタンをクリック後、Microsoft Teams画面を閉じてください。
    2-2. Microsoft Teamsの設定

    2-2-1. 〔 Microsoft Teams 〕へサインインし、”ストア“をクリックしてください。
    2-2-2. 『ストア』メニューの”カスタムアプリをアップロード“をクリックしてください。
    2-2-3. 「開く」ダイアログが表示されますので、『App Studio』で作成したzipファイルを指定し、”開く“をクリックしてください。
    2-2-4. インストール画面が表示されますので、それぞれの項目を設定し、”インストール“をクリックしてください。
    (App Studioで設定したBotsの「Scope」が未設定の場合はインストールを行うことができません。)
    ・「アプリを自動で追加します」:「はい」を選択すると、サイドバーの「チャット」より、作成したチャットボットと1対1で会話を行うことができます。
    ・「チームに追加します」:「いいえ」を選択

    2-2-5. 「<チャットボット名>が使用できるようになりました」というメッセージが表示され、チャットボットが追加されます。
    動作を確認する場合は、”開く“ボタンをクリックしてください。

    2-2-6. 作成したチャットボットと実際に会話を行い、動作を確認してください。
  3. 一部のユーザーへのみ、アプリを配布する場合
    『App Studio』で作成したManifestファイルのアップロードを行い、Teamsにアプリを追加します。

    3-1. Microsoft 365 管理センターの設定

    3-1-1. 〔 Microsoft 365 管理センター 〕へサインインしてください。
    3-1-2. 左メニューの『設定』を選択し、”サービスとアドイン“をクリックしてください。
    3-1-3. サービスとアドイン画面が開きますので、”Microsoft Teams“をクリックしてください。
    3-1-4. Microsoft Teams画面の『テナント全体の設定』から”アプリ“をクリックしてください。
    3-1-5. 『外部アプリ』内の『Microsoft Teamsで外部アプリが利用できるようになります』と『外部アプリのサイドローディングを利用できるようになります』をオンにし、”保存“ボタンをクリックしてください。
    3-2. Microsoft Teamsの設定

    3-2-1. 〔 Microsoft Teams 〕へサインインし、”ストア“をクリックしてください。
    3-2-2. 『ストア』メニューの”カスタムアプリをアップロード“をクリックしてください。
    3-2-3. 「開く」ダイアログが表示されますので、『App Studio』で作成したzipファイルを指定し、”開く“をクリックしてください。
    3-2-4. アップロードが完了するとインストール画面が表示されますので、それぞれの項目を設定し、”インストール“をクリックしてください。
    (App Studioで設定したBotsの「Scope」が未設定の場合はインストールを行うことができません。)
    ・「アプリを自動で追加します」:「いいえ」を選択
    ・「チームに追加します」:「はい」を選択後、チャットボットを追加したいチーム名を入力し、指定チームにチャットボットを追加します。

    3-2-5. 「<チャットボット名>が<チーム名>で使用できるようになりました」というメッセージが表示され、チャットボットが追加されます。
    動作を確認する場合は、”設定“ボタンをクリックしてください。

    3-2-6. 作成したチャットボットと実際に会話を行い、動作を確認してください。
Last updated on 2019/04/05.