Azure bot Serviceに公開

公開先に「Azure bot Service」を選択頂くと、Azure bot Serviceがサポートしているチャネル(Facebook Messenger等)でDialogPlayで作成したチャットボットを動かすことが可能になります。

本作業を行う場合は、Microsoft のアカウントを事前にご準備頂き〔 Windows PowerShell Module for Skype for Business Online 〕をダウンロードする必要があります。

※Azure bot Service機能は、 Standard以上のみ でご利用いただけます。

  手順

  1. Microsoft Azure Portal 〕の公式サイトを開き、『Microsoft Azure Portal』にログインしてください。
    ※事前にMicrosoft Azure のアカウントの作成が必要です。

  2. 左のメニューの “リソースの作成” ボタンをクリックします。

  3. 検索欄に『Bot』と入力し、 Enterを押します。

  4. 検索結果の中から 『Bot Channels Registration』 を選択します。

  5. 公開元がマイクロソフトになっていることを確認し、 “作成” ボタンをクリックします。

  6. ボット名を入力してください。
    ※DialogPlayの「アプリケーション」と1対1の関係になりますので、DialogPlayの「アプリケーション名」と紐付く名前の設定をおすすめします。
    ※英数字ハイフンアンダーバー(a-z, A-Z, 0-9, _, -)のみ入力可能です。
  7. サブスクリプション名を選択します。
    ※「無料使用版」を使用する場合、有効期限切れにご注意下さい。
    ※サブスクリプションの選択肢が表示されない場合、有効なサブスクリプションが無い状態です。有効なサブスクリプションの設定をお願いします。

  8. リソースグループを選んでください。
    新規作成を選択してください。
    ※複数のDialogPlay上のアプリケーションをAzure Bot Serviceに登録する場合、一つのリソースグループで管理可能です。

  9. 場所を選択してください。
    「東日本」を推奨しています。
    ※現在、マルチリージョンには対応しておりません。
  10. 任意の価格レベルを選択します。
    F0: 無料プラン(SLA無し) 制限有り
    S1: 有料プラン(SLA有り) 無料枠有り
  11. Application Insightsを『オフ』にしてください。
    ※Azure上でBotを分析するか否かの設定となります。
    ※メッセージエンドポイントは、後ほど設定します。
  12. 左下の “作成” ボタンをクリックします。

  13. 左メニューの『Inputs』をクリックすると、『APPID』と『APPSECRET』が表示されますのでそれぞれコピーしてください。
    ※この画面でしか参照できません。万が一、参照できない場合は、再生成を行うことが出来ます。

次に、DialogPlayの設定を行います。

  手順

  1. アプリケーションの “新規作成” ボタンをクリックしてください。

  2. チャットボット公開先に『Azure bot Service』を選択し、『アプリケーション名』、『公開するチャットボット』を設定します。

  3. 『アプリケーションID』に先ほど取得したAzure Bot Serviceの『APPID』を、『パスワード欄』に『APPSECRET』をそれぞれ入力してください。

  4. 公開” ボタンをクリックしてください。

  5. 『アプリケーションの公開が完了しました』というメッセージと共に、『コールバックURL』が表示されますのでコピーしてください。

  手順

  1. Microsoft Azure Portal 〕の公式サイトを開き、『Azure bot Service』にログインしてください。
  2. ダッシュボードから、先ほど作成したリソースをクリックしてください。

  3. 左メニューから『設定』を選択してください。

  4. 構成の『メッセージングエンドポイント』に先ほどDialogPlayで取得した『コールバックURL』を入力してください。

  5. 左メニューのチャンネルから、『Skype for Business』を選択してください。

  6. 利用規約がポップアップしますので、□にチェックを入れ、”Agree” ボタンをクリックしてください。

  7. 『ボットをSkype for Businessテナントに追加しますか?』と表示されますので、”完了” ボタンをクリックしてください。


    『Test in Web Chat』にて動作確認をすることができます。

  手順(Skype for Business Onlineに追加)

  1. 次に、〔 Windows PowerShell 〕で設定をします。
    Windows PowerShell を右クリックし、『管理者として実行する』をクリックしてください。
  2. Windows PowerShellの管理者画面が開きますので、以下のコマンドを入力して、Enterキーを押してください。
    <実行コマンド>
    『Import-PSSession (New-CsOnlineSession -Credential (Get-Credential))』

  3. 『Windows PowerShell資格情報の要求』がポップアップしますので、『Office365のテナント管理者』のアカウントを入力し、”OK” ボタンをクリックします。
    ※Office365のアカウントが必要となります。
  4. 以下のコマンドを入力し、Enterキーを押してください。
    <実行コマンド>
    『New-CsOnlineApplicationEndpoint -ApplicationId 【アプリケーションID】 -Name 【ボット名】 -Uri sip:【メールアドレス】』

    名称 説明
    アプリケーションID Azure Bot Serviceのデプロイ結果に表示されているAPPID
    ボット名 Azure Bot Serviceで設定したBOTID
    メールアドレス ボットのメールアドレス(アカウント部分に任意の文字列、ドメイン部分はOffice365のテナント管理者と同じドメインを設定
    ※メールアドレスに使用する英語は全て小文字にしてください。大文字はエラーになります。
    以上でBotのSkype for Business Onlineへの接続は終了です。
    ※ 以降、同ドメインのユーザーからボットが検索できるようになりますが、反映には最大8時間かかります。

Skype for Business Onlineに公開したチャットボットを削除する場合の手順です。

  手順(Skype for Business Onlineから削除)

  1. Windows PowerShellを右クリックし、『管理者として実行する』を選択してください。
  2. Windows PowerShellの管理者画面が開きますので、以下のコマンドを入力して、Enterキーを押してください。
    <実行コマンド>
    『Import-PSSession (New-CsOnlineSession -Credential (Get-Credential))』

  3. 『Windows PowerShell資格情報の要求』がポップアップしますので、『Office365のテナント管理者』でサインインしてください。
    ※Office365のアカウントが必要となります。
  4. 以下のコマンドを入力し、Enterキーを押してください。
    <実行コマンド>
    『Remove-CsOnlineApplicationEndpoint -Uri sip:【メールアドレス】』

    以上で削除が完了します。しばらく待っていただくと、ボットが検索できなくなります。

※Azure bot Serviceは、「Yes/No」「選択肢」の項目の場合、項目名と合わせて番号が表示されます。

番号を入力して頂くと項目の選択が可能です。

Last updated on 2018/09/21.