オペレーター画面の操作方法について知りたい

ユーザーからオペレーター呼び出しがあった場合に、ユーザーと直接会話をすることができます。
オペレーター機能を有効にする方法については、 こちら をご覧ください。
※ オペレーター機能は、公開先が「Web」、「LINE」、「LINE WORKS」、「Slack」の場合のみ利用可能です。

  手順

  1. ユーザーからオペレーター呼び出しがあった場合、”オペレーター“ボタンの右上に赤い数字で通知されます。
    オペレーター“ボタンをクリックしてください。

  2. 『ステータス』の『呼び出し中』欄に表示されている、ルーム番号をクリックしてください。

  3. 会話エリアにユーザーとの会話内容が表示され、右側にユーザーが現在利用しているチャットボットの詳細が表示されます。
    項目名 説明
    アプリケーション ユーザーが現在利用しているアプリケーション名
    ボット ユーザーが現在利用しているチャットボット名
    クライアント
    現在利用しているユーザーの名前
    Webアプリケーションの場合は「Guest」、LINE・Slackボットの場合はユーザーの「アカウント名」が表示されます
    ヒアリング結果 ユーザーがヒアリングの途中で呼び出した場合は、ユーザーから聞き取ったヒアリング内容が表示されます
  4. 会話開始“ボタンをクリックして、ユーザーとの会話を開始してください。
    会話を開始すると担当しているルームが『アサイン済み』欄に移動し、ルーム番号の下に担当者名が表示されます。
    ※ 担当者名は、DialogPlayのプロフィールに登録されている名前が表示されます。

  5. 会話が終わりましたら、”会話終了“ボタンをクリックして、ユーザーとの会話を終了してください。
Last updated on 2019/04/05.