対話ログをダウンロードしたい

アナリティクスのアプリケーション利用状況から、各アプリケーションの対話ログをダウンロードすることができます。
契約プランによってはご利用いただけない場合がございますのでご了承ください。
プランの詳細については こちら をご覧下さい。

  手順

  1. 画面左側にあるメニューより『アナリティクス』内の『利用状況』をクリックします。
    クリック後表示されるアプリケーション利用状況画面から、ログをダウンロードしたいアプリケーションの”確認画面へ移動“ボタンをクリックします。

  2. 『対話ログ』タブをクリックします。

  3. 月別ダウンロード”ボタンをクリックします。

  4. 『対話ログのダウンロード』画面が開きます。
    『ダウンロード対象月』から対話ログを取得したい月を選択し、”ダウンロード“ボタンをクリックします。
    当月を含む過去1年分の対話ログがダウンロード可能です。
    ※当月の対話ログは、直近の100,000件まで取得できます。
    ※先月以前の対話ログについては、取得件数に上限はなく対象月の全件が取得できます。

    対話ログCSVのフォーマットが2018年10月より変更となりました。
    2018年9月までのログは旧フォーマット、2018年10月からのログは新フォーマットでの出力となります。

    ・対話ログファイル項目(~2018年9月)
    CSV項目名 説明
    channel_id 会話識別番号(ユーザーごとにIDが振られる)
    timestamp ボットまたはユーザーが発言した日時
    sender_name 発言者名(ボット発言の場合は、ボット名が表示される)
    sender_referrer 参照元のURL情報(ユーザーのアクセス元情報)
    scenario_name シナリオ名
    type
    発言タイプ
    ボット発言の場合:text(テキスト発言)、choose(選択肢表示)、confirm(Yes/No確認)
    ユーザー発言の場合:text(入力情報)、reset(リセットボタンクリック)
    title 選択肢、他シナリオ呼び出し、Yes/No確認などの各アクションで設定されたタイトル名
    text ボットまたはユーザーの発言内容(画像送信の場合は、画像URL)
    options 選択肢、他シナリオ呼び出し、Yes/No確認などの各アクションで設定されている選択肢内容
    ・対話ログファイル項目(2018/10~)
    CSV項目名 説明
    timestamp
    ボットまたはユーザーが発言した日時
    ログはtimestampの昇順でソートされる
    room_id ユーザー単位に振られる会話識別番号(ブラウザを開き直した場合は、再度別の番号が採番される)
    thread_id 実行シナリオ単位に振られる会話識別番号
    sender_type
    発言者区分(チャットボットまたはユーザー)
    ボット発言の場合:bot
    ユーザー発言の場合:client
    sender_name 発言者名(ボット発言の場合は、ボット名が表示される)
    sender_referrer 参照元のURL情報(ユーザーのアクセス元情報)
    scenario_name シナリオ名
    type
    発言タイプ
    ボット発言の場合:text(テキスト発言)、choose(選択肢表示)、confirm(Yes/No確認)
    ユーザー発言の場合:text(入力情報)、reset(リセットボタンクリック)
    text ボットまたはユーザーの発言内容(画像送信の場合は、画像URL)
    title 選択肢、他シナリオ呼び出し、Yes/No確認などの各アクションで設定されたタイトル名
    options 選択肢、他シナリオ呼び出し、Yes/No確認などの各アクションで設定されている選択肢内容
    action_type 実行されたアクション名(ユーザー発言、オペレーター発言時は空白)
    action_target アクション実行時に指定されたFAQ集名、外部連携名、タスク名
    action_details
    FAQ・外部連携の回答結果
    FAQ:FAQ集の質問名(answer_name)
    外部連携:ステータスコード(status_code)※例:500(システムエラー)、403(権限エラー)など
Last updated on 2018/12/11.