ユーザー辞書を作成したい

業務で利用される専門用語や類似する単語、同じ意味で複数の表現が存在する単語など、言葉のゆらぎを予めパターンとして設定することで、チャットボットの精度を向上させることができます。
固有表現の抽出タイプには、「ユーザー辞書」と「正規表現」の2種類が選択できます。
項目名 説明
ユーザー辞書 代表語と類義語の組み合わせを利用して、固有表現の抽出パターンを設定
正規表現 正規表現を利用して固有表現の抽出パターンを設定
作成したユーザー固有表現は「ヒアリングアクション」や「ユーザー発言例」で利用可能です。
「ユーザー辞書」を発言例内で利用する場合は、 こちら をご覧ください。
「正規表現」を発言例内で利用する場合は、 こちら をご覧ください。

  手順(ユーザー辞書設定)

  1. インポート用のCSVファイルを作成してください。
    設定する値は、1行に「代表語,類義語」の形式で記述します。
    1つの代表語に対し、類義語が複数ある場合も、「代表語,類義語」の形式で複数行記述してください。
    ※類義語は、全角半角を区別せず代表語に変換されます。

    [入力例]
    「取説」または「マニュアル」とユーザーが入力した場合、代表語である「取扱説明書」に変換されます。
    取扱説明書,取扱説明書
    取扱説明書,取説
    取扱説明書,マニュアル
    

  2. 左メニューの『チャットボット一覧」から、ユーザー固有表現を設定するチャットボットを選択し、『ユーザー固有表現』タブから”新規作成“ボタンをクリックしてください。

  3. 『固有表現名』にユーザー辞書を識別する一意の単語を入力し、『タイプ』に「ユーザー辞書」を選択してください。

  4. 『辞書用CSVファイル』の”ファイルを選択“ボタンをクリックしてください。

  5. 「開く」ダイアログが表示されますので、手順1で用意したCSVファイルを選択し、”開く“ボタンをクリックしてください。

  6. 保存“ボタンをクリックしてください。

  7. インポートと保存が完了後、「保存が完了しました。」というメッセージが表示されます。

  手順(正規表現設定)

  1. 左メニューの『チャットボット一覧」から、ユーザー固有表現を設定するチャットボットを選択し、『ユーザー固有表現』タブから”新規作成“ボタンをクリックしてください。

  2. 『固有表現名』にユーザー辞書を識別する一意の単語を入力し、『タイプ』に「正規表現」を選択してください。

  3. 『正規表現パターン』を入力してください。
    正規表現中にグループを表す()が含まれる場合、()内のデータが変数に格納されます。
    ※()は1組まで使用可能です。

    [入力例]
    正規表現パターン 用途
    〒(\d{3}-\d{4}) 郵便番号(例:〒123-4567)
    [a-zA-Z]{1}-[a-zA-Z]{2}\d{5} 製品コード(例:A-BC12345)
    [a-zA-Z]{4}\d{4} 社員番号/会員番号(例:abcE1234)
    [+]{1}\d{1,5}-\d{1,2}-\d{1,4}-\d{1,4} 国際電話番号(例:+81-90-1234-5678)
  4. 保存“ボタンをクリックしてください。

  5. 「保存が完了しました。」というメッセージが表示されます。
Last updated on 2019/07/01.