他シナリオ呼び出し(固定)アクションの使い方が知りたい

『他シナリオ呼び出し(固定)』アクションは、シナリオ内から別のシナリオを呼び出すアクションです。
共通したやり取りを個別シナリオとして用意することで、シナリオ修正時の対応範囲を減らすことができます。

  手順

以下シナリオ例で、『他シナリオ呼び出し(固定)』アクションの利用方法を説明します。

[シナリオ例]
<お問合せシナリオの流れ>
 お問合せ受付時に、お問合せ内容、個人情報の聞き取り(電話番号、メールアドレス、名前)を行う。
<予約受付シナリオの流れ>
 予約受付時に、予約内容の聞き取り、個人情報の聞き取り(電話番号、メールアドレス、名前)を行う。

赤字部分の処理が同一内容であるため、共通処理として「個人情報聞き取り」シナリオを用意します。
<共通処理シナリオの流れ>
 個人情報の聞き取り(電話番号、メールアドレス、名前)を行う。

  1. 共通処理「個人情報聞き取り」シナリオを作成します。
    『シナリオ名』を入力後、「ヒアリング」アクションを追加し、各ヒアリング項目を入力してください。

  2. 共通処理の呼び出し元である、「お問合せ」シナリオを作成します。
    『シナリオ名』、『ユーザー発言例』、『お問合せ内容(「ヒアリング」アクション)』を入力後、『シナリオの流れ』エリアの中にあるリストから「他シナリオ呼び出し(固定)」アクションを選択し、”アクションを追加“ボタンをクリックしてください。

  3. 『呼び出しシナリオ』に、手順1で作成した「個人情報聞き取り」シナリオを選択してください。
    「他シナリオ呼び出し(固定)」アクションで指定できる他シナリオは、1アクションにつき1つです。
    複数の他シナリオを呼び出す場合は、「他シナリオ呼び出し(固定)」アクションを複数設定してください。

    1アクションで複数の他シナリオを選択肢として表示し、選択肢の中からユーザーが指定した他シナリオを呼び出す場合は、「他シナリオ呼び出し(選択肢)」アクションを利用します。
    『タイトル』、『質問内容』を入力後、『選択肢』に、呼び出したいシナリオを選択してください。
    必要に応じて『選択肢以外の発言が行われた場合に、発言内容をもとにシナリオの推定を行う』にチェックを入れてください。

    ・『選択肢以外の発言が行われた場合に、発言内容をもとにシナリオの推定を行う』チェックについて
    チェックを有効にすると、選択肢に無い発言が行われた場合、その発言内容から選択肢以外のシナリオを含めて推定します。

    [チェックが有効の場合]
    発言内容から推定を行い、選択肢外からのシナリオも呼び出すことができます。
    例:選択肢にない「クーポン情報」シナリオが呼び出される

    [チェックが無効の場合]
    発言内容から推定は行わず、選択肢内からの選択を促します。

  4. 同様の手順で、「予約受付」シナリオを作成してください。

  5. シミュレーター機能でそれぞれのシナリオ内で、共通処理「個人情報聞き取り」シナリオが呼び出されていることを確認してください。

    [シミュレーター画面(お問合せシナリオ)]

    [シミュレーター画面(予約受付シナリオ)]
Last updated on 2019/07/01.