変数一覧について知りたい

画面右側の変数一覧より、利用可能な変数を確認することができます。

変数には以下の3種類があります。

システム変数

現在日時や現在時刻など、よく利用される変数を予めDialogPlay(システム)側で定義した変数です。
利用できる変数は、「@現在日時」・「@本日」・「@現在時刻」があります。

シナリオ内変数

シナリオ内でのみ利用できる変数です。
シナリオが終了すると変数は初期化されます。

ユーザー変数

ユーザー変数として定義した値をチャットボット内のシナリオで利用できる変数です。
シナリオ終了時に変数の値が初期化されませんので、継続して記憶しておきたい値に利用します。
「ヒアリング」・「Yes/No確認」・「選択肢確認」アクションで利用可能です。

変数の利用方法については こちら をご覧ください。

変数一覧に変数が追加される条件

  1. シナリオ画面のシナリオの流れにある、『ヒアリング』・『選択肢確認』・『外部システム連携』・『Yes/No確認』アクションを追加すると変数一覧に変数が追加されます。

  2. 各アクションの変数追加方法です。

    2-1. 『ヒアリング』アクションを追加し、『ヒアリング項目名』を入力すると、変数一覧のシナリオ内変数に変数として追加されます。
    2-2. 『選択肢確認』アクションを追加し、『タイトル』を入力すると、変数一覧のシナリオ内変数に変数として追加されます。
    2-3. 『外部システム連携』アクションを追加し、『連携先』を選択すると、連携先の『Response Map』で設定されている『変換先』が、変数一覧のシナリオ内変数に変数として追加されます。
    2-4. 『Yes/No確認』アクションを追加し、『タイトル』を入力すると、変数一覧のシナリオ内変数に変数として追加されます。
Last updated on 2018/12/11.