LINEボットに公開

  はじめに

  1. LINE ボットとは
    LINEが提供するサービスでMessaging API (通称 LINE BOT)と言います。
    このサービスを利用すると、LINEからDialog Playで作成したチャットボットとやりとりができるようになります。

  2. Push APIと Reply API
    Messaging APIにはLINE BOTが各ユーザにメッセージを送るPush APIとユーザからのメッセージに対応して応答を返すReply APIがあります。
    単純にチャットボットだけならばReply APIが利用できれば問題はありません。

  3. プラン
    プランは以下の通りとなります。
    Developer Trialでは友達の数は制限されますが、Push API と Reply APIを両方試すことが可能です。
    フリーではメッセージの数は制限されますが、Reply APIが利用可能です。

  4. LINE ボットとして公開するのに必要なもの
    * LINE個人アカウント
    * 作成済みチャットボット

    Developer Trialのアカウントでは作成後に他のプランへ変更することはできません

    また、他のプランからDeveloper Trialに変更することもできません。

  前準備

  1. LINE Developers〕を開いて、”ログイン”ボタンをクリックしてください。
  2. LINEの認証が入りますので、個人アカウントで認証を行ってください。
  3. LINE Developers コンソールの開発者登録画面(初回ログイン時のみ)になりますので、開発者名と登録したいメールアドレスを入力してください。
    LINE Developers Agreementの内容をご確認の上、チェックボックスにチェックを入れ、”確認画面へ進む”ボタンをクリックしてください。
  4. 内容を確認し、”この内容で作成する”ボタンをクリックしてください。
  5. 『プロバイダーリスト』から”新規プロバイダー作成”ボタンをクリックしてください。
  6. プロバイダー名を入力し”確認する”ボタンをクリックしてください。
  7. 内容を確認し、”作成する”ボタンをクリックしてください。
  8. 『Messaging API』内にある”チャンネルを作成する”ボタンをクリックしてください。
  9. 各項目に必要な情報を入力し”入力内容を確認する”ボタンをクリックしてください。
    ※Developer Trialプランから他のプランへの切り替えはできませんのでご注意ください。
  10. 『情報利用に関する同意について』が表示されますので、ご確認の上、”同意する”ボタンをクリックしてください。
  11. それぞれの利用規約をご確認の上、チェックボックスをチェックを入れ”作成”ボタンをクリックしてください。
  12. DialogPlayチャットボットと連携するための設定を行います。先程作成したMessaging APIをクリックしてください。
  13. 基本情報が表示されますので、『Channel Secret』をコピーし取得してください。
    DialogPlayの公開設定で必要となります。
  14. アクセストークン取得のために、”再発行”ボタンをクリックしてください。初回はアクセストークンが設定されていませんが、再発行にて取得できます。
  15. 『アクセストークンを再発行しますか?』というメッセージが表示されますので、”再発行”ボタンをクリックしてください。失効時間が指定できるが、初回はアクセストークンが作成されていないため、0時間後のままで問題ありません。
  16. 再発行されたアクセストークンをコピーし取得してください。DialogPlayの公開設定で『Channel Access Token』として利用します。
  17. Webhook送信の”編集”ボタンをクリックして下さい。
  18. 「利用する」を選択し、”更新”ボタンをクリックしてください。
  19. 自動応答メッセージの”編集”ボタンをクリックしてください。
  20. 「利用しない」を選択し、”更新”ボタンをクリックしてください。

以上で前準備は終了です。

  手順(LINEボットの公開)

  1. 画面左側にあるメニューより『アプリケーション』を選択してください。

  2. 画面左下に表示される”新規作成”ボタンをクリックしてください。

  3. 『チャットボット公開先』にLINEを選択し、『アプリケーション名』を入力してください。さらに『公開するチャットボット』に対象とするチャットボットを選択してください。

  4. 前準備にて取得した『Channel Access Token』及び『Channel Secret』を設定してください。

  5. 画面右下に表示されている”公開”ボタンをクリックしてください。

  6. コールバックURL』が生成されますので、”コピー”ボタンをクリックして取得してください。

  7. LINE Developersの画面に戻り、Webhook URLの”編集”ボタンをクリックしてください。

  8. Webhook URL』へDialogPlayで取得した『コールバックURL』を設定し、”更新”ボタンをクリックしてください。
    『コールバックURL』の https:// を省いて、以降のURLを設定してください。

  9. 接続確認”ボタンをクリックしてください。

  10. 接続に成功することを確認してください。

以上で、LINEボットの設定は完了になります。

  手順(作成したLINEボットを友だち追加する)

  1. LINE@ MANAGERを使って友達を追加する方法
    LINE@ MANAGER〕の『アカウント一覧』より対象アカウントを選択してください。

  2. 左側にあるメニューの『アカウント設定』をクリックし、『基本設定』を開いてください。

  • IDを検索して登録する
    ③に記載されているIDをLINEで検索することで、友だちを追加することができます。

  • QRコードを読み込む
    スマートフォンのアプリケーション等で④のQRコードを読み取ることで、友だちを追加することができます。

  • 友だち追加ボタンを押す
    スマートフォン等で⑤の『友だち追加ボタン』を押すことで、友だちを追加することができます。
    PCで『友だち追加ボタン』をクリックすると、QRコードが表示され、友だちを追加することができます。

    ※友達追加ボタンの表示は、ボタンを表示したいウェブページに「友達追加ボタン」に表示されているHTMLコードを貼り付ける必要があります。

以上で、作成したLINEボットを友だちに追加できます。

Last updated on 2018/11/07.