LINE WORKSに公開

LINE WORKS上で、DialogPlayで作成したチャットボットを利用することができます。
※ 本作業を行う場合は、予めLINEアカウントを用意する必要があります。
※ LINE WORKS機能は、 LITEプラン以外 でご利用いただけます。

  手順(LINE WORKS 前準備)

  1. LINE WORKS Developer Console 〕の公式サイトを開き、LINE WORKSアカウントを所有している場合は、『アカウントID』を入力し、”はじめる“ボタンをクリックしてください。
    LINEアカウントを所有している場合は、”LINEでログイン“ボタンをクリックしてください。

  2. 『API ID』の”発行“ボタンをクリックしてください。

  3. 『API ID』が発行されますので、”コピー“ボタンをクリックし、API IDを取得してください。

  4. 『Server API Consumer Key』の”発行“ボタンをクリックしてください。
    ※『Service API Consumer Key』ではありませんので、注意してください。

  5. 『サーバーAPIの利用範囲』の『トークBot』にチェックを入れ、”次へ“ボタンをクリックしてください。
    ※ 『トークBot』にチェックを入れると、自動的に『すべて』にもチェックが入ります。

  6. 『Tokenの有効期間』、『Tokenの使用時に有効期限を自動延長しますか?』にそれぞれ任意の項目を選択し、”保存“ボタンをクリックしてください。

  7. 『Key』が発行されますので、”コピー“ボタンをクリックし、Keyを取得してください。

  8. 『Server List(ID登録タイプ)』の”追加“ボタンをクリックしてください。

  9. 『サーバー名』に任意のサーバー名を入力、『Keyの選択』に任意のKeyを選択し、”保存“ボタンをクリックしてください。

  10. 確認メッセージが表示されますので、内容を確認し、”OK“ボタンをクリックしてください。

  11. 『ID』が発行されますので、”コピー“ボタンをクリックし、IDを取得してください。

  12. 『認証キー』の”ダウンロード“ボタンをクリックしてください。

  13. 確認メッセージが表示されますので、内容を確認後、”OK“ボタンをクリックし、認証キーをダウンロードしてください。

  手順(DialogPlay 公開設定)

  1. 左メニューの『アプリケーション』を選択し、”新規作成“ボタンをクリックしてください。

  2. 『チャットボット公開先』に「LINE WORKS」を選択し、『アプリケーション名』を入力してください。
    次に『公開するチャットボット』に対象となるチャットボットを選択してください。

  3. 『API ID』以下の各項目に、「手順(LINE WORKS 前準備)」で取得した情報を入力してください。
    項目名 説明
    API ID LINE WORKS Developer Consoleで取得したAPI ID
    Server API Consumer Key LINE WORKS Developer Consoleで取得したServer API Consumer Key
    Server ID LINE WORKS Developer Consoleで取得した『Server List(ID登録タイプ)』のID
    Server Authentication Key LINE WORKS Developer Consoleで取得した『Server List(ID登録タイプ)』の認証キー

  4. 公開“ボタンをクリックしてください。

  5. 「アプリケーションの公開が完了しました。」というメッセージが表示され、『コールバック URL』が生成されます。
    コピー“ボタンをクリックして、コールバック URLを取得してください。

  手順(LINE WORKS ボットをテナントに登録)

  1. LINE WORKS Developer Console 〕の公式サイトを開き、LINE WORKSアカウントを所有している場合は、『アカウントID』を入力し、”はじめる“ボタンをクリックしてください。
    LINEアカウントを所有している場合は、”LINEでログイン“ボタンをクリックしてください。

  2. Bot“をクリックしてください。

  3. 登録“ボタンをクリックしてください。

  4. 『Bot名』に登録するチャットボット名を、『説明』にチャットボットの説明を入力してください。
    『プロフィール画像』は任意で設定してください。

  5. 『Callback URL』の「On」を選択し、「手順(DialogPlay 公開設定)」手順5で取得したコールバック URLを入力してください。
    次に『メンバーが送信可能なメッセージタイプ』の任意項目にチェックを入れてください。
    ※ DialogPlayで対応しているメッセージタイプは、『テキスト』、『スタンプ』、『画像』です。
    ※ 『Botポリシー』の『複数人のトークルームに招待可』は、無効(チェックを入れない)のままにしてください。

  6. 『管理者』の『主担当』に、チャットボットを管理する担当者名を設定してください。

  7. 保存“ボタンをクリックしてください。

  8. 確認メッセージが表示されますので、内容を確認後、”OK“ボタンをクリックしてください。

  手順(LINE WORKS ボットをドメインに登録)

  1. LINE WORKS Admin 〕の公式サイトを開き、LINE WORKSアカウントを所有している場合は、『アカウントID』、『パスワード』を入力し、”ログイン“ボタンをクリックしてください。
    LINEアカウントを所有している場合は、”LINEでログイン“ボタンをクリックしてください。

  2. サービス“をクリックしてください。

  3. Bot“をクリックしてください。

  4. 追加“ボタンをクリックしてください。

  5. 「手順(LINE WORKS ボット登録)」で登録したボットにチェックを入れ、”追加“ボタンをクリックしてください。

  6. 確認メッセージが表示されますので、”OK“ボタンをクリックしてください。

  7. 追加したチャットボットをクリックしてください。

  8. 『使用権限』、『公開設定』の任意項目にチェックを入れ、”保存“ボタンをクリックしてください。

  手順(LINE WORKSで会話をする)

  1. LINE WORKS トーク 〕の公式サイトを開き、LINE WORKSアカウントを所有している場合は、『アカウントID』、『パスワード』を入力し、”ログイン“ボタンをクリックしてください。
    LINEアカウントを所有している場合は、”LINEでログイン“ボタンをクリックしてください。

  2. 『Bot』タブを選択してください。

  3. 「手順(LINE WORKS ボットをドメインに登録)」で登録したボットにチェックを入れ、”招待“ボタンをクリックしてください。

  4. 利用開始“ボタンをクリックしてください。

  5. 実際に会話をして、動作を確認してください。
Last updated on 2019/06/20.