OneDrive連携 シナリオ作成(データ削除)

OneDrive上にアップした「テンプレート(sample_template_onedrive.xlsx)」を利用して会議室を削除するシナリオを作成します。

今回のシナリオでは、検索した結果を利用してデータ削除を行うため、検索した結果を表示する外部システム連携が必要になります。
検索結果を表示する手順は (データ検索) 外部システム連携作成 をご覧ください。

  手順(データ削除) 外部システム連携作成

  1. チャットボット画面に戻り、『外部システム連携』タブから “新規作成” ボタンをクリックしてください。

  2. 『外部システム連携先』に連携先名を入力し、『説明』に連携先の説明文を入力してください。

  3. 『タイプ』から「Excel(OneDrive)」を選択してください。

  4. 『対象API』から「データの削除(1件)」を選択してください。
    『認証情報』、『ファイル情報』に【STEP1:共通手順(Microsoft) Application Registration Portal アプリケーション作成】で使用・取得した情報を元に入力してください。

    [認証情報]
    項目名 説明
    テナントID Application Registration Portalで使用したアカウントの@以下のドメイン名を入力(アカウントが「dialogplay@●●●.onmicrosoft.com」の場合、入力する箇所は ●●●.onmicrosoft.com)
    アプリケーションID Application Registration Portalで作成したアプリケーションID
    パスワード Application Registration Portalで作成したアプリケーションのパスワードを入力
    [ファイル情報]
    項目名 説明
    ドライブID ファイルをアップロードしたアカウントのメールアドレスを入力
    ファイル名 データ連携に使用するOneDrive上のExcelファイル名を入力
    シート名 データが格納されているシート名を入力(未入力の場合はSheet1を参照します。)
  5. 『結果格納変数名』に結果を格納する変数名を入力し、”保存” ボタンをクリックしてください。

  6. 保存後、『検索条件』が表示されますので、例を参考に入力してください。

    [検索条件入力例]
    列名 条件式
    名前 ⊃(含む) {{名前検索}}
    場所 ⊃(含む) {{場所検索}}
  7. 保存” ボタンをクリックしてください。

  8. 動作テストを行う場合は、”テスト” ボタンをクリックし、動作を確認してください。

  手順(データ削除) シナリオ作成

  1. チャットボット画面に戻り、『シナリオ一覧』タブから “新規作成” ボタンをクリックしてください。

  2. 『シナリオ名』と『ユーザー発言例(発言例タブ)』を入力してください。

  3. 『シナリオの流れ』エリアから『テキスト発言』アクションを追加し、『発言内容』に以下の画面を参考に入力してください。

  4. 『シナリオの流れ』エリアから『選択肢確認』アクションを追加し、以下の例を参考に入力してください。

    [入力例]
    『タイトル』:場所検索
    『質問内容』:削除する会議室の場所を選択してください。
    『選択肢』:
    表示名
    本社(東京) 東京
    大阪支社 大阪
  5. 『シナリオの流れ』エリアから『外部システム連携』アクションを追加し、外部システム連携で作成した「会議室の属性(検索)」を選択してください。

  6. 『シナリオの流れ』エリアから『シナリオの強制終了』アクションを追加し、以下の例を参考に入力し、実行条件を設定してください。

    [入力例]
    『発言内容』:条件に一致する会議室が見つかりませんでした。
    『実行条件』:「会議室検索結果リスト.size」= 「0」(検索したデータが見つからなかった場合は終了します。)


  7. 『シナリオの流れ』エリアから『外部連携結果を選択肢表示』アクションを追加してください。
    以下の例を参考に入力し、実行条件を設定してください。

    [入力例]
    『タイトル』:名前検索
    『質問内容』:削除する会議室を選択してください。
    『選択肢』:
    リスト変数名 会議室検索結果リスト
    項目毎の表示内容 {{名前}}
    [実行条件]
    「会議室検索結果リスト.size」 > 「0」

  8. 『シナリオの流れ』エリアから『外部システム連携』アクションを追加し、
    外部システム連携で作成した「会議室の属性(削除)」を選択してください。

  9. 『シナリオの流れ』エリアから『外部連携結果をリスト表示』アクションを追加し、以下の例を参考に入力してください。

    [入力例]
    『リスト変数名』:会議室削除データ
    『項目毎の表示内容』:
    以下のデータを削除しました。
    ---------
    メールアドレス:{{メールアドレス}}
    名前:{{名前}}
    定員:{{定員}}
    場所:{{場所}}
    フロア:{{フロア}}
    
  10. 保存” ボタンをクリックしてください。

  11. 「学習データが更新されています。反映するには学習ボタンを押してください。」というメッセージが表示されますので、 “保存してチャットボットを学習” ボタンをクリックしてください。

  12. シミュレーターで動作を確認し、OneDrive上にアップした「Excel sampleテンプレート」も更新されているか確認をしてください。
Last updated on 2018/12/11.