テンプレートを利用してOffice 365連携を行う場合

「【サンプル】Office 365会議室予約ボット」のテンプレートを利用してOffice 365連携を行います。

Office 365連携を初めて行う場合は、こちらをご覧ください。

事前準備

「【サンプル】Office 365会議室予約ボット」のテンプレートでは、以下のアクセス許可が必要となります。
STEP1の〔 Application Registration Portal 〕で登録したアクセス許可に、次の項目が含まれていることを確認してください。
※Office365連携の各テンプレートに必要なMicrosoft Graph アクセス許可を知りたい場合は、 こちら をご覧ください。

[「【サンプル】Office 365会議室予約ボット」で使用する許可スコープ]

名称 説明
Calendars.Read ユーザーのカレンダーの読み取り
Calendars.Read.Shared
ユーザーのカレンダーと共有のカレンダーの読み取り
※他ユーザー情報を取得する場合は、カレンダーの共有設定が必要
Calendars.ReadWrite ユーザーのカレンダーへのフルアクセス
MailboxSettings.Read ユーザーのメールボックス設定の読み取り
offline_access ユーザーデータへの常時アクセス
People.Read ユーザーに関係する連絡先リストの読み取り
User.Read サインインとユーザープロファイルの読み取り
User.Read.All
他ユーザー情報を全て取得
※権限の承認は管理者のみ可能
User.ReadBasic.All
全ユーザーの基本プロファイルの読み取り
※他ユーザー情報は「表示名」「姓」「名」「ユーザー識別名」のみ取得可能

STEP3:テンプレートのインポート

  手順

  1. 左メニューの『チャットボット一覧』から、”テンプレート一覧から探す“ボタンをクリックしてください。

  2. 「【サンプル】Office 365会議室予約ボット」の”インポート“ボタンをクリックしてください。

  3. 「インポートが完了しました。」というメッセージが表示されます。
    画面下部にある『外部サービス認証先設定』をクリックし、『Office 365連携を行う』にチェックを入れてください。

  4. 『認証先』にSTEP2で作成したOffice 365連携先を選択し、”保存してチャットボットを学習“ボタンをクリックしてください。
    ※認証先設定が未設定の状態で、Office 365連携を利用したシナリオを実行した場合、チャットウィンドウに「外部システム連携先が設定されていない為、この機能はご使用いただくことができません。」と表示され、外部連携アクションは正常に動作しません。

STEP4:チャットボットとしゃべる

  手順

『シミュレーター』機能で、動作を確認してください。
Office 365へのサインインを促すメッセージが表示されますので、URLをクリックし、Office 365にサインインしてください。
※詳しい手順は こちら をご覧ください。

[シミュレーター画面]
Last updated on 2019/07/01.