Outlook予定表のスケジュールを変更する/会議室の予約を延長する(Office 365連携)

指定された期間内に登録されているスケジュールを選択肢で表示し、選択されたスケジュールを延長するシナリオを作成します。

Office 365連携を初めて行う場合は、 こちら をご覧ください。

事前準備

スケジュールを延長するためには、以下のアクセス許可が必要となります。
STEP1の〔Application Registration Portal〕で登録したアクセス許可に、次の項目が含まれていることを確認してください。

[「スケジュールを延長」で使用する許可スコープ]

名称 説明
Calendars.Read ユーザーのカレンダーの読み取り
Calendars.Read.Shared
ユーザーのカレンダーと共有のカレンダーの読み取り
※他ユーザー情報を取得する場合は、カレンダーの共有設定が必要
Calendars.ReadWrite ユーザーのカレンダーへのフルアクセス
MailboxSettings.Read ユーザーのメールボックス設定の読み取り
offline_access ユーザーデータへの常時アクセス

STEP3. (DialogPlay)Office 365のサービスをつかう

シナリオ内で呼び出したいMicrosoft Graph APIを実行させるため、対象となるAPI(実行したい機能)ごとに外部システム連携を設定します。
このシナリオでは2つの外部システム連携が必要となります。

  手順(自身のイベントを取得(複数))

  1. 外部システム連携「自身のイベントを取得(複数)」を作成します。
    この外部システム連携では、指定された期間内に登録されているスケジュールを取得します。
    作成方法につきましては、Outlook予定表のスケジュールを確認する(Office 365連携)のSTEP3 「自身のイベントを取得(複数)」 をご覧ください。

  手順(自身のイベントを延長)

  1. 左メニューの『チャットボット一覧』より設定を行うチャットボットを選択し、『外部システム連携』タブから”新規作成“ボタンをクリックしてください。

  2. 『外部システム連携先』に連携先名を入力してください。

  3. 『説明』に連携先の説明文を入力してください。

  4. 『タイプ』から、「Office 365」を選択してください。

  5. 『対象API』から、「自身のイベントを更新」を選択してください。

  6. 『検索条件』の『イベントID』に、以下の例を参考に入力してください。

    [入力例]
    『イベントID』 {{イベントID}}
    ※この変数は、STEP4 手順10の「外部連携結果を選択肢表示」アクションで使用します。

  7. 『更新項目』に、以下の例を参考に各項目を入力してください。

    [入力例]
    『項目名』 終了日時
    『値』   {{延長時間}}

  8. 保存“ボタンをクリックしてください。

STEP4. (DialogPlay)シナリオを追加する

  手順

  1. パンくずメニューのチャットボット名をクリックし、チャットボット画面に戻ってください。

  2. 『外部サービス認証先設定』にて『Office 365連携を行う』にチェックが入り、『認証先』が設定されていることを確認してください。

    ※認証先設定が未設定の状態で、Office 365連携を利用したシナリオを実行した場合、チャットウィンドウに「Office 365連携先が設定されていない為、この機能はご使用いただくことができません。」と表示され、外部連携アクションは正常に動作しません。

  3. 『シナリオ一覧』タブから、”新規作成“ボタンをクリックしてください。

  4. 『シナリオ名』と『ユーザー発言例』を入力してください。

  5. 『シナリオの流れ』エリアの中にあるリストから「テキスト発言」を選択し、”アクションを追加“ボタンをクリックしてください。

  6. 『発言内容』に以下の例を参考に入力してください。

    [入力例]
    スケジュールを延長します。
    はじめに、登録済みのスケジュールを確認します。
    
  7. 『シナリオの流れ』エリアの中にあるリストから、『ヒアリング』アクションを追加し、以下の例を参考に各項目を入力してください。

    [入力例]
    No ヒアリング項目名 タイプ   項目ごとの質問文
    日時 時間表現 @datetime_period いつのスケジュールを延長しますか?(例:今日、明日の13時から17時)
  8. 『シナリオの流れ』エリアの中にあるリストから、『外部システム連携』アクションを追加し、『連携先』に「自身のイベントを取得(複数)」を選択してください。

  9. 『シナリオの流れ』エリアの中にあるリストから、『シナリオの強制終了』アクションを追加し、以下の例を参考に各項目を入力してください。
    ここでは、外部システム連携「自身のイベントを取得(複数)」でデータを取得した際、自身のイベント(変数名:イベントリスト)が無かった場合に、シナリオを終了する処理を追加します。

    [入力例]
    『発言内容』 指定された期間内にスケジュールはありませんでした。

    [条件入力例]
    『実行条件』 「イベントリスト.size」 「0」


  10. 『シナリオの流れ』エリアの中にあるリストから、『外部連携結果を選択肢表示』アクションを追加し、以下の例を参考に各項目を入力してください。
    ※『外部連携結果を選択肢表示』アクションの詳細については、 こちら をご覧ください。

    [入力例]
    『タイトル』 イベントID
    『質問内容』 延長するスケジュールを選択してください。

    [選択肢設定入力例]
    『リスト変数名』   イベントリスト
    『項目毎の表示内容』 {{subject}} {{start.dateTime}}
    『項目毎の値』    {{id}}


  11. 『シナリオの流れ』エリアの中にあるリストから、『ヒアリング』アクションを追加し、以下の例を参考に各項目を入力してください。

    [入力例]
    No ヒアリング項目名 タイプ   項目ごとの質問文
    延長日時 時間表現 @datetime 何時まで延長しますか?(例:17時まで、明日の12時まで)
  12. 『シナリオの流れ』エリアの中にあるリストから、『外部システム連携』アクションを追加し、『連携先』に「自身のイベントを延長」を選択してください。

  13. 『シナリオの流れ』エリアの中にあるリストから、『テキスト発言』アクションを追加し、『発言内容』に以下の例を参考に入力してください。

    [入力例]
    {{延長日時}}まで、スケジュールと会議室予約を延長しました。
    {{イベント詳細URL}}
    
  14. 保存“ボタンをクリックしてください。

  15. 「学習データが更新されています。反映するには学習ボタンを押してください。」というメッセージが表示されますので、”保存してチャットボットを学習“ボタンをクリックしてください。

※今回の手順はあくまで一例であり、他にも利用できる項目が用意されています。詳細は〔 Office 365 Graph API 〕のリファレンスをご覧ください。

STEP5. (DialogPlay)チャットボットとしゃべる

  手順

『シミュレーター』機能で、動作を確認してください。
Office 365へのサインインを促すメッセージが表示されますので、URLをクリックし、Office 365にサインインしてください。
※ 詳しい手順は こちら をご覧ください。

[シミュレーター画面]
Last updated on 2019/05/13.