カスタム機能を利用してOutlookに連絡先情報を登録する(Office 365連携 カスタム機能)

外部システム連携のカスタム機能を利用して、Outlookに連絡先を登録するシナリオを作成します。

Office 365連携を初めて行う場合は、 こちら をご覧ください。

事前準備

Outlookに連絡先を登録するためには、以下のアクセス許可が必要となります。
STEP1の〔Application Registration Portal〕で登録したアクセス許可に、次の項目が含まれていることを確認してください。

[「Outlookに連絡先を登録する」で使用する許可スコープ]

名称 説明
Contacts.ReadWrite ユーザー連絡先へのフルアクセス

STEP3. (DialogPlay)Office 365のサービスをつかう

シナリオ内で呼び出したいMicrosoft Graph APIを実行させるため、対象となるAPI(実行したい機能)ごとに外部システム連携として設定します。

  手順

  1. 左メニューの『チャットボット一覧』より設定を行うチャットボットを選択し、『外部システム連携』タブから”新規作成“ボタンをクリックしてください。

  2. 『外部システム連携先』に連携先名、『説明』に連携先の説明文を入力してください。

  3. 『タイプ』から「Office 365」を選択し、『対象API』から「カスタム」を選択してください。

  4. 以下の例を参考に、接続先に関する各項目を設定してください。

    ①『アクセス許可』に〔Application Registration Portal〕で設定した許可スコープを入力してください。

    [入力例]
    Contacts.ReadWrite

    ②『URL』に接続先URLを入力してください。

    [入力例]
    https://graph.microsoft.com/v1.0/me/contacts

    ③『Method』に「POST」を選択してください。

    ④『Headers』に以下の例を参考に、各項目を入力してください。

    [入力例]
    『名前』 Content-type
    『値』  application/json

    ⑤『Request Body』に以下の例を参考に入力してください。

    [入力例]
    {
     "givenName": "{{名前}}",
     "surname": "{{苗字}}",
     "displayName": "{{苗字}} {{名前}}",
     "emailAddresses": [
        {
            "address": "{{メールアドレス}}",
            "name": "{{苗字}} {{名前}}"
        }
     ],
    "businessPhones": [
    "{{電話番号}}"
    ]
    }
    

  5. 外部連携先から取得する値を、以下の例を参考に入力してください。

    ①『Response Type』にデフォルトで「JSON」が選択されていることを確認してください。

    ②『Response Map』の『変換元』にJSONのキー(外部連携先から取得する値)を入力し、『変換先』にシナリオ作成時に使用する変数名を入力してください。

    [入力例]
    『変換元』 displayName
    『変換先』 登録名

  6. 保存“ボタンをクリックしてください。

  7. 作成した外部連携が問題なく動作しているかどうか、テストを行うことができます。
    動作テストを行う場合は、”テスト“ボタンをクリックしてください。

    [外部連携の実行画面]

STEP4. (DialogPlay)シナリオを追加する

  手順

  1. パンくずメニューのチャットボット名をクリックし、チャットボット画面に戻ってください。

  2. 『連携先設定』にて『Office 365連携を行う』にチェックが入り、『連携先』が設定されていることを確認してください。

    ※ 連携先設定が未設定の状態で、Office 365連携を利用したシナリオを実行した場合、チャットウィンドウに「外部システム連携先が設定されていない為、この機能はご使用いただくことができません。」と表示され、外部連携アクションは正常に動作しません。

  3. 『シナリオ一覧』タブから、”新規作成“ボタンをクリックしてください。

  4. 『シナリオ名』と『ユーザー発言例』を入力してください。

  5. 『シナリオの流れ』エリアの中にあるリストから「テキスト発言」を選択し、”アクションを追加“ボタンをクリックしてください。

  6. 『発言内容』に以下の例を参考に入力してください。

    [入力例]
    Outlookにユーザー情報の登録を行います。

  7. 『シナリオの流れ』エリアの中にあるリストから、『ヒアリング』アクションを追加し、以下の例を参考に各項目を入力してください。

    [入力例]
    No ヒアリング項目名 タイプ   項目ごとの質問文
    苗字 テキスト全体 @text 苗字を教えてください。
    名前 テキスト全体 @text 名前を教えてください。
    メールアドレス 連絡先表現 @email メールアドレスを教えてください。
    電話番号 連絡先表現 @phone_number 電話番号を教えてください。
  8. 『シナリオの流れ』エリアの中にあるリストから『外部システム連携』アクションを追加し、『連携先』にSTEP3で作成した「Outlookに連絡先を登録する」を選択してください。

  9. 『シナリオの流れ』エリアの中にあるリストから『テキスト発言』アクションを追加し、『発言内容』に以下の例を参考に入力してください。

    [入力例]
    以下の内容で登録しました。
    登録名:{{登録名}}
    メールアドレス:{{メールアドレス}}
    電話番号:{{電話番号}}
    
  10. 保存“ボタンをクリックしてください。

  11. 「学習データが更新されています。反映するには学習ボタンを押してください。」というメッセージが表示されますので、”保存してチャットボットを学習“ボタンをクリックしてください。

STEP5. (DialogPlay)チャットボットとしゃべる

  手順

『シミュレーター』機能で、動作を確認してください。
Office 365へのサインインを促すメッセージが表示されますので、URLをクリックし、Office 365にサインインしてください。
※詳しい手順は こちら をご覧ください。

[シミュレーター画面]

[Office 365画面]
Last updated on 2019/07/01.